健やかライフ|睡眠不足解消法を知りたいあなたはこちら

肌荒れの原因として、偏った食生活やストレスやホルモンバランスの乱れなどがありますが、もう一つ重要なのが睡眠不足です。
寝不足のために肌荒れがひどくなった経験はありませんか?
これは、眠っている間に成長ホルモンが分泌されることと関係しています。
お肌のゴールデンタイムである午後10時〜午前2時の間に寝ると良いという話は有名ですよね。
これは、成長ホルモンが最も活発に分泌されるのがこの時間帯だと言われているからです。
成長ホルモンが分泌されると肌の新陳代謝が促進されて、肌のターンオーバーを正常に保ってくれます。
これが、美肌を保つ秘訣でもあり、反対に寝不足で成長ホルモンが正常に分泌されずに、肌のターンオーバーが乱れると肌荒れを起こしてしまうのです。
また、肌のターンオーバーが乱れているとシミやくすみ、肌の乾燥やシワなどの原因にもなります。
これは、通常の健康な肌は、約4週間で新しい細胞に生まれ変わりますが、ターンオーバーが乱れることにより、古い細胞が剥がれ落ちずに残ってしまい、肌トラブルを引き起こしているのです。
ただ、午後10時に眠りにつくのはなかなか難しいですよね。
成長ホルモンは、眠りに入ってから最初の3時間に一番分泌が活発になると言われています。
お肌のゴールデンタイムに寝るのが難しい人も、入眠後最初の3時間に質の良い眠りにつくことによって、肌を健康に保つことができるのです。

 

 

 

知人に聞いた、眠れない夜の自己流対処法

 

眠れない時は、頭が疲れている時は体を動かして、体が疲れている時は頭を使うという感じにします。

 

特にデスクワーク等で、一日中座りっぱなしだと、脳や目ばかりが疲れていて、体は疲れておらず眠りにつけないという事があります。
体がクタクタになると自然と眠れるものですし、筋トレを行なったり、ストレッチ、有酸素運動等は効果的です。

 

眠る前に運動を行うと逆効果と言われますが、脳が疲れて眠れない時は、徹底的に体を動かしてみるのも一つの対処方法です。
グッスリと眠らざるを得ない状況に陥らせる感じです。

 

眠る前にスマホの画面を見たり、テレビ、パソコン等刺激の強いものはなるべく見ない方が良いです。
モニターの画面を眠る一時間前位から切っておくのは効果的です。