健やかライフ|睡眠不足解消法を知りたいあなたはこちら

睡眠不足が続いて不眠症になってしまう原因はいくつかありますが、それらに効果的なのが、睡眠サプリです。
睡眠サプリメントは、様々な栄養素が配合されているので、複数の不眠症の原因に効果があるのです。
そんな睡眠サプリメントに配合されている、代表的な栄養素と働きについてご紹介します。

 

まず一つ目がビタミンB6です。
ビタミンB6は牛や鳥のレバーに多く含まれている栄養素で、精神安定の効果があります。
睡眠時には副交感神経を優位にしなければならないのですが、興奮状態だと、なかなか睡眠体制に入る事ができません。
精神を安静させて、リラックスさせる効果があるのが、ビタミンB6なのです。

 

二つ目がビタミンB12です。
あさりやシジミに多く含まれる栄養素で、体内時計を整える働きがあります。
体内時計を正常に戻す事で、夜眠れるようになるのです。

 

三つ目がトリプトファンです。
メラトニンという自然な眠気を促すホルモンがあるのですが、トリプトファンはその原料となります。
トリプトファンを摂取することで体内で眠気を促すホルモン、メラトニンが効率良く生成されるようになり、眠気につながるのです。

 

睡眠サプリメントを試すのをお考えでしたら、これらの成分が入っているものをおすすめします。
これらの栄養素を定期的に取り入れる事で、不眠症の改善につながるのです。
睡眠不足解消、不眠症の改善をしたいあなたは、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

知人に聞いた、眠れない夜の自己流対処法

 

最近で眠れない日があるとすれば、連休で起きるのが遅い日が続き、睡眠が足りていて寝つきが悪い、というようなときです。そんなときは焦って眠る必要も無いように思えるので、暗い部屋で横になって体を休め、考え事をしています。意外と有意義な時間を過ごすことができ、気が付くと眠れています。
けれど以前はそんな簡単な問題ではなかったときがあります。体は完全に疲れていて具合が悪いくらいなのに眠ることができずに、夜が怖くなるくらいでした。こんなに辛いのならいっそ死んでしまいたいとまで思ってしまったほどです。そんなときは癒しグッズを使おうと、食べ物を工夫しようと、効果は薄く、何かを試す気力すらなくなってしまいました。そんな状態のころに効果的だった対処法は、「今日は寝ない」と決意することでした。眠れるかという不安から開放され、眠れるときと、本当に眠れなかったとしてもその次の日は眠りやすくなりました。
現在はそんな状態にならないように日ごろから気をつけるようになったのでその後その方法を使うことはなくなりました。